脱毛サロンの効果を高めるために日頃からできること

脱毛効果を高める少しでも早く脱毛を終わらせたい!という人は多いですよね。
日頃からできることで、脱毛サロンの効果を高めてみましょう。

保湿して乾燥を防ぐ

まず脱毛で一番結果に反映されるのが、肌の水分量です。保湿ができていない、かさかさ乾燥肌はまず施術自体を断られる可能性が高いです。もし施術ができたとしても、火傷の心配があります。

お肌を保湿する方法は、お風呂上りに保湿ローションを塗る方法だけではなく、入浴剤を使う、水分を摂るということも大切です。体内が乾いていては肌も乾燥しがちになってしまいます。

夏場は汗をかくからあまり保湿しないという人は要注意です。夏は汗をかくことでお肌のインナードライが進みやすいのです。冬場よりも乾燥している可能性が高いですので気をつけて保湿をして下さい。

保湿する時には保湿成分のセラミドやプロテオグリカンなど高保湿成分が配合されているものがオススメです。また元々乾燥が気になる人なら美容サプリなどで体の内側からの保湿も良いですね。

日焼けは厳禁!紫外線対策しよう

次に気をつけたいのが日焼けです。普段あまり気にしないという人も、脱毛している間は日焼け対策が欠かせません。

脱毛サロンの光と言うのは黒い色素に反応します。つまり日焼けをしてしまうとムダ毛以外にエネルギーが逃げてしまうため効率が悪くなるのです。日焼けした肌にも使える機器も中にはありますが、限られています。

それ以外にも日焼けがダメな理由があります。日焼けというのは肌が軽い火傷を負っている状態です。すでに炎症が起きている肌に脱毛で照射をすることは出来ません。

ですから日焼けをしてしまうようなレジャーはできるだけ避けることが一番なのです。うっかり日焼けをしてしまうこともありますので、日焼け止めを塗るのが面倒という人は日焼け止めサプリなど習慣づけてみるのも良いでしょう。

ただし施術日当日は日焼け止めは塗らないようにしてください。成分が毛穴に入り込んで、脱毛効果に影響する心配があります。当日は日傘やUVカーディガンなどのアイテムで紫外線対策をして下さい。

自己処理では電気シェーバー

脱毛中にお手入れに困るのが自己処理です。脱毛を始めたらお肌に負担のかかる自己処理はできるだけ避けるようにしましょう。自己処理一回ごとにお肌はダメージを受けて、脱毛効果が表れにくくなると思っておいたほうが良いです。

施術をすれば自然と抜け落ちますが、でも最初のうちは次の施術日までに生えてきたムダ毛が気になりますね。脱毛を始めたらまず肌にダメージを与える方法の自己処理は出来なくなります。カミソリや毛抜きなんてもってのほかです。

電動シェーバーを使用するのをオススメされることが多いのですが、実は電動シェーバーはそれほどキレイには剃れません。深剃りができないためムダ毛が気になってしまいます。

そういう時には除毛クリームなど毛を溶かすタイプの脱毛方法もあります。ただこれは施術日前後では使用できません。脱毛では毛をシェービングして毛根が残った状態で行う必要があります。

除毛クリームだと毛穴の中の毛まで溶かしてしまうため、効果が落ちてしまいます。施術日前後でのお手入れではやっぱり電動シェーバーが一番なのです。

家庭用脱毛器でサロン並に脱毛効果を得る

脱毛サロンの効果を高めるために裏技もあります。それは家庭用脱毛器を併用する方法です。家庭用脱毛器は5万円前後と割りと高い美容家電なのですが、エステサロンのような脱毛効果が期待することができる機器です。

毛深くって通っている周期ではなかなかムダ毛が減らないなという場合、補助的に使ってみる方法があります。出力は脱毛サロンには劣りますが、2ヶ月に1回しか通えないサロンならその中間の1ヶ月の時に家庭用脱毛器で照射していけば少しでも早く脱毛が完了します。

手間は増えてしまいますが、少しでも早く脱毛完了したいという時には1台あると便利ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ