介護脱毛をするメリットや注意点

介護脱毛若い世代の脱毛経験率がかなり高いものとなりつつある昨今ですが、最近では40代、50代など中高年になってから脱毛をする方も増えていると言われています。

そんな中高年の脱毛には日々の処理の面倒さから開放される、肌をきれいに保つといった理由もある一方で、介護時の負担軽減という独特な理由も注目されています。

介護脱毛といわれるそれは介護をされる側となったときに介護者の負担を減らしたいと考えて行う脱毛で、主にVIOの脱毛のことを指します。

介護脱毛はVIOラインのことを指す

なぜVIOの脱毛をすると介護者の負担を減らすことに繋がるのかというと、ずばり排泄時の手入れが簡単になるというメリットがあるのです。

例えば若い女性がVIO脱毛を検討する際の理由のひとつに、生理時の経血の付着などを防いで清潔に保ちたいというものがありますが、これと同じようなことが介護のときにもいえるのです。

寝たきりなど自分でなかなかトイレに行けなくなってしまった場合、基本的にはおむつをして生活をすることになります。

そして自分でおむつを変えるのは難しいため介護者の手を借りることになるのですが、そのときにおむつの中の排泄物がVIOに付着してしまうと、それを拭き取るのに手間取り、余計な時間がかかってしまうのです。

すると介護する側も苦戦を強いられますし、介護される側も長時間デリケートな部分に触れられることになるため、お互い精神的にも肉体的にも辛い状態が続いてしまいます。

だからといってすばやくやろうとすると、汚れが落ちきっていなかったりしてかぶれてしまったり炎症を起こしてしまったりするリスクが高くなるという問題があります。

陰部というのはもともと複雑な形をしていてただでさえ拭き取りづらい部位であるのに、毛があることでより一層拭きづらくなってしまっているため、その無駄な毛を脱毛して拭き取りやすくしようというのが介護脱毛なのです。

介護を受ける状態になる前、まだまだ体が元気なうちにVIOを脱毛して綺麗にしておくことができればそのような心配が軽減されるだけでなく、おむつ交換時のにおいを軽減することができるなど介助者の負担を減らすことができるようにもなるでしょう。

そして事前に準備をしておくことで、精神的な安心感を得ることができるなど介護を受ける側にとっても嬉しいメリットがあります。

ちなみにVIOはすべて綺麗にするだけでなく、毛量を減らしたり形を整えたりするといったように比較的融通がきくものです。

もし介護脱毛のことを知らない人に排泄介助をされたとき、毛がまったくない状態をみてなにか思われたら嫌だと思うのであれば、毛量を減らしておくだけでも十分手間を減らすことに繋がるでしょう。

介護脱毛で注意すべきポイント!

そんな介護脱毛にはいくつか注意をしておきたいポイントがあります。
そのうちの一つがVIOの毛の色です。

VIOというのは頭皮の毛などと一緒で、ある程度年齢を重ねると白くなっていくものです。
しかしサロンやクリニックで使用されている脱毛器というのは黒いものに反応するという性質を利用して脱毛しているため、毛が白くなってしまうと脱毛効果が得られなくなってしまうのです。

介護脱毛を検討する年齢の多くが40代から50代くらいというデータがありますが、それには毛が白くなってしまう前に行うためという理由があると思っておいて良いでしょう。

そしてもうひとつ、VIOの脱毛はかなりの痛みを感じる方が多いので、痛いのが苦手という方は特に注意が必要です。
クリニックであれば医師がいるため万が一トラブルがあっても迅速に対応してもらうことができるだけでなく、麻酔の使用も可能なので不安を感じるのであればクリニックでの脱毛を検討するのがおすすめです。

安心して年をとっていけるように介護脱毛をして、明るい老後を楽しみたいものですね。

沖縄県内で介護脱毛できる人気サロンはこちら⇒ 全身脱毛沖縄おすすめランキング!失敗しない沖縄の脱毛サロン選び

サブコンテンツ

このページの先頭へ