サロンの脱毛方法の種類と特徴

脱毛サロン種類脱毛サロンでは、様々な脱毛方法が採用されており、各サロンによって異なります。
多くはフラッシュ脱毛で施術が行われますが。IPL脱毛やSSC脱毛などを筆頭に、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛さど増え続けています。

ここでは脱毛サロンで採用されている人気の脱毛方法をご紹介します。

定番のIPL脱毛

IPL脱毛は基本としてジェルは不要で、インテンスパルスライトと呼ばれる特殊な光を使用します。
メカニズムは黒色のメラニン色素に反応して、毛根にダメージを与えてタンパク質に変化させることで成長する力を抑制して減毛を目指します。
つまり医療レーザー脱毛と同じメカニズムと言えますが出力は医療レーザーと比較して低く設定されていてサロンで使用できるようになっています。
あとレーザーは直線状の強い光なのに対して、IPLは複数波長を併せ持つ拡散光だから安全性も高いのが魅力です。
あと脱毛効果を高める為にRF(光高周波)と一緒に使用するケースが多いと言えます。そんなIPLの一番のメリットは脱毛以外の美容効果が期待てきる点です。
なので肌の老化で悩んでいる人、ニキビ改善を目指したい人にお勧め出来ます。それに光の波長、パルス幅などの条件を調整することで個人に合わせた細かい対応が可能なのもメリットです。

新しい論理から誕生したNPL脱毛

NPL脱毛はニューパルスライト脱毛のことで、バルジ理論を採用した新しい脱毛方法と言えます。
バルジ理論とは体毛生成に必要な細胞を作る領域を破壊することでムダ毛が生えてこなくなるといった考え方です。
これまでは毛周期に合わせた施術が必要でしたがNPL脱毛なら毛周期に関係なく施術をすることが出来るのが魅力です。
だから短い期間で脱毛施術が完了、これまで1~2年必要だった施術期間が1年以下の短縮できます。
あと施術の際にジェルは不要ですが、連射する場合は滑りをよくする為に使うケースもある様です。
痛みが少なく、安全で黒くない毛や産毛に対しても有効といったメリットがあります。あと広範囲を処理することが出来るので、施術時間も短くて済みます。

次世代の脱毛法THR脱毛

THR(サーモヒートリムーバー)脱毛は次世代の蓄熱式脱毛と呼ばれています。黒い毛に反応する光にプラスして、赤外線領域を多く含む光を採用しているのが特徴です。
その結果肌内部に光が到達する点が広くなり、幅広い成長期の毛に対応することが出来ます。
あと肌内部に光が浸透する仕組みなので、従来の脱毛方法では無理だった色黒の肌の人でも施術を受けることが可能です。
他にも光の浸透力を高めて、安定して脱毛に効果がある光の連続照射が実現しました。そして肌へのダメージも軽減したのも大きなメリットと言えます。
また1度の施術でかなりムダ毛が抜け落ちるので、毛深い人や男性のヒゲ、産毛に対してもきちんと効果があると言えます。
他にも1回の照射コストが低いことから他の脱毛方法を選ぶより脱毛にかかる費用を抑えられるのが魅力。

顔脱毛にお勧めのハイパースキン脱毛

これまでの脱毛方法は毛根にダメージを与えるので、痛み、火傷などのリスクがありました。ですがそのリスクを失くしたのがハイパースキン脱毛です。
脱毛期間が長くなるのはデメリットですが、痛みと肌トラブルへのリスクが少ないのが魅力で、産毛、白髪、金髪に対しても有効です。
そんなハイパースキン脱毛のメカニズムはメラニンではなくムダ毛の要因にアプローチします。だから高温の光を使用する必要はなく、36度程の熱で効果を得ることが出来ます。
そして36度なら痛み、火傷のリスクは発生しません。ちなみに毛が生えるサイクルは大別すると休止期、成長期、退行期があり、毛が抜けるとまた新しい毛が生えてきます。
従来の脱毛方法は成長期にレーザーや光で毛根を破壊するといった仕組みでした。ハイパースキン脱毛は毛が抜けた後に本来生えてくる毛が生えてこなくなるといった脱毛方法です。
だから敏感肌の人にお勧めで、特に顔脱毛に最適と言えます。
参考:顔脱毛とはどんな施術をするの?痛みやメリットは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ