蓄熱式脱毛は敏感肌の人に最適な脱毛方法

蓄熱式脱毛

クリニックでの脱毛と聞くと、脱毛効果は素晴らしいものの、かなりの痛みが出る、その痛みが強くて怖い、耐えられない、不安というイメージからなかなか脱毛したくても、クリニックには行けないと躊躇してしまう女性がいます。

ではこの痛みは決して避けることができないものなのでしょうか。そうではなく、実はクリニックでの脱毛には2通りの方法があり、1つは従来型のレーザーでの照射による脱毛、もう一つは蓄熱式脱毛と呼ばれるもので、この蓄熱式脱毛を選択すると、痛みが出ないという評判です。

この蓄熱式脱毛というのはどのようなもので、なぜ痛みが出ないのでしょうか。
関連記事:光脱毛とSHR式脱毛の違いと特徴

蓄熱式脱毛とは

蓄熱式の脱毛とは、これまでの強いレーザーを照射することのリスクを軽減した画期的な方法で、それは毛乳頭や毛根の周辺にダメージを与えることによって新しい毛が再生されるのを防いでいくというものです。ですから理論に違いがあります。

従来のレーザー脱毛は、そのレーザー照射に反応して毛根を熱破壊しましたので、どうしても痛み、やけどのようなリスクを伴いましたし、ややその点では荒っぽさのイメージもあることでしょう。

この蓄熱式は、強くはないエネルギーを連続照射することで、肌の内側に熱を溜めていくという照射方式になります。
よって目に見えて従来のレーザー照射のようにすぐに脱毛効果が出てくるというものではありませんが、じわじわと効果を発揮していくタイプのものです。根っこを破壊する脱毛ではなく、いわば毛の成長をさせないようにしていくのです。

蓄熱式の脱毛では日焼け肌もOK

これまでの強いレーザーによる照射は、黒色に反応するレーザーの特性を活かすものであり、日焼けした肌の場合には、脱毛するのは難しい状況でしたし、おそらく日焼けした肌でお店に行くと断られてしまうことでしょう。

ですがこの蓄熱式の脱毛の場合には、照射の温度が低いために、日焼けした肌でもOKという実にありがたい脱毛になります。やや肌の色が濃い人にも問題なく、幅広いスキンに対応ができるというメリットがあります。

蓄熱式脱毛は痛みがほとんど出ない

この方法だとほとんど痛みが出ません。全く出ないとは言い切れませんし、それはその人の敏感さや体質が関係してきますが、従来のレーザー照射よりもはるかに低温で、痛みが出るほどのものではありません。

ピリピリとあるいはちくちくと痛みが出るようなものではなく、じわじわと肌が熱くなるような感じで、やや温度の高いお湯の入った容器が肌に触れているような感覚に近いものがあります。このくらいであれば、痛みというレベルではないと思う人がほとんどでしょう。

蓄熱式の脱毛は肌へのダメージが少ない

低温での照射のために、肌へのダメージが少ないのがこの方法の大きなメリットになります。敏感肌の人や、アトピーで悩まされている人など、なんらかの肌トラブルの懸念のある人でも、問題なく施術ができるという点では画期的です。敏感肌でクリニックでの脱毛は絶対に無理と諦めていた人たちも、この蓄熱式での脱毛であれば、真剣に考慮してみることができるかもしれません。

蓄熱式はじっくりと待つ態度が必要

脱毛するとすぐに目に見える結果が欲しくなるものですし、できるだけ早くすっきりさせたいという願いがあるのは自然なことです。ですがこの蓄熱式はじわじわと効果を出すタイプの方法なので、2-3週間、あるいはそれ以上の期間待つ必要があります。

確実に毛は抜け落ちてきますので、効果が出ないと不満を持ったり、イライラしたりするのではなく、じっくりと待つことです。やがて効果を実感し、肌がどんどんきれいになっていくのを実感していくようになるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ